カリスマブロガーのイケダハヤト氏が書いた福岡についての記事を読みました。
『まだ東京で消耗しているの?』移住初心者は「福岡」に行け!実際に行ってみてわかった7つのメリット

実はぼくも7年前に大阪から福岡に引っ越してきた移住組です。
いや、ホント、福岡っていいとこですよね。
生まれも育ちも関西で、しかも超都会の梅田界隈で育ったぼくでしたが、福岡が大好きになりすぎて、家まで建ててしまいました。

奥さんとの結婚が縁で福岡に移住することになったぼくが感じた、福岡のおすすめポイントを紹介します。



1.子育て環境がいい
img0206
小戸公園(提供:福岡市)

とにかく自然豊か。今ぼくの住んでいる福岡市西区は、山と海に挟まれ、子どもとの遊び場の宝庫です。
今宿野外活動センター今津運動公園小戸公園など、思いっきり遊べる公園が近所にたくさんあります。
ちなみに、今津運動公園は、探偵ナイトスクープにも取り上げられた、恐怖のリフレッシュロードがある公園です。



夏には、県内外の人がこぞってやってくるメジャーな糸島の海水浴場の他に、ぼくら地元の人のみぞ知る、人も少なく水もきれいな穴場スポットも多くあり、水辺のレジャーも気軽に楽しめます。

自然の中でのびのびと子どもと遊べる場所がたくさんあるこの環境……最高です!



2.食べ物がおいしい
img0491-500x333
(提供:福岡市)

収穫したての野菜や、獲れたての魚が、家の近所で安価で手に入ります。
我が家の近所にも、生産者直売店の新選一番や漁師直営のおさかな天国、全国の産直市場の中でも屈指の売り上げと集客数を誇る有名な伊都菜彩もあり、美味しい食材を手軽に購入できます。
大型スーパーにも産直コーナーが必ずといっていいほどあるのも便利。

外食もラーメンや博多うどん、もつ鍋に水炊きと、大人も子どもも楽しめるお店が豊富にあり、食べ物の美味しさは全国でもトップクラスだと思います。

 

3.天然温泉が豊富
f72a6f213590ac22f169df7767efbc87_s

これも自然に恵まれた点ですが、福岡には日帰りで気楽に立ち寄れる天然温泉がたくさんあります。郊外だけでなく福岡市内にも数か所も。

糸島市になりますが、ぼくの家からはきららの湯まむしの湯が近いので、家族でちょこちょこと利用しています。
思い立ったらすぐ天然温泉に入ってリラックスできるなんて……とても贅沢です。


 
4.移動が便利
img0642
(提供:福岡市)

福岡はいい意味でコンパクトシティ。地下鉄一本で天神や博多、空港まで短時間でアクセスすることができます。
ぼくが住んでるのは西区の中でも糸島市よりののどかな町ですが、天神や博多まで約30分のアクセスの良さ。

また、空港が街から近いので、東京や大阪などへのアクセスも抜群に良い。
普段は自然豊かな町に暮らしながら、仕事などで必要な時は、気軽に他都市にアクセスできるのはとっても便利。


 
5.フリーランスが働きやすい
img0694-500x331
(提供:福岡市)

上にも書いたように、福岡はコンパクトシティなので、企業が密集しています。その物理的な距離の近さのおかげで、ビジネスがスムーズに運びやすいし、移動に無駄な時間を取られずに済むので、自分のための時間確保にもつながりとても働きやすいです。
また、人とひととの繋がりが密で、その繋がりだけで生計を立てることも可能だと感じています。飲み歩くことが仕事に繋がることが他都市よりも圧倒的に多いです。



と、少し思い浮かべるだけでもこれだけのおすすめポイントが。
大都会に疲れた方、福岡はとってもいいところですよ!
ぜひお越しください。

このブログの大半の写真は、下記よりいただきました。
福岡市の魅力を伝える写真が無料ダウンロードできる「まるごと福岡・博多」



fathering is up to you  

ファザーリング・ジャパン九州 事務局長
ママワーク研究所 事務局長
ファザーリング・ジャパン 会員
コヂカラニッポン 会員
switch 主宰

森島孝